HOMEへ   CADを使おう
TOPB B SPCHTMLMY−LOG

CADを使おう

カスタマイズ

CAD雑記

<<前へ  |12345|  次へ>>

★今すぐ仕事に結びつく稼げる資格!スキルアップガイド無料進呈中 Click Here![PR]

● CADを使おう

パソコンの低価格化、それに伴うアプリケーションの普及に、より、 図面もデータ化の流れにのり、CADによる図面作成が基本となっているようです。
とはいっても、CADといっても結局はパソコンの一部で、それを扱うにはそれなりの知識と技術が必要です。
取っ掛かりとなるパソコンの知識を持つ人の少ない小さな会社は、 それといって必要にせまられない限りCADを導入するきっかけが無いのが、現状のようです。 それでも時代の流れで、図面がデータで渡される事が多くなり、インターネットメールと、CAD図面の出力ぐらいの環境は整えなくてはならなくなるのですが・・・。

ペーパーレスって言葉があります。紙を使わないということで、つまり紙に出さないことです。
文書をデータで記録したのなら、わざわざ紙に出さないということです。 たとえば、文書をワープロで打って、出力、それをFAXで送信・・・、 なんて事はせず、E-メールで済ます。もしくは、パソコンからダイレクトでFAXに送信する。 そうすれば紙が無駄にならない。一度見て捨てるような(特にFAXのように相手に見せる目的のモノを自分が紙面でもっている必要がない)ものは画面上で確認できればよいのですから。
大きな会社では随分とそれに近い状況になっているようですが、世間的にはどうでしょう。 とくに図面はA1やA2と大きな紙です。CADを扱える人が少ない為、図面をデータでもらってきても、 紙で出力しなければならず、それに、訂正個所をしるし、CADに入力。それを再び出力。 そして、せっかくCADで図面を書いたにもかかわらず最終的な提出は紙(とデータ)・・・。
ペーパーレスとは程遠い状況です。 別に自然保護を訴えるつもりはありませんが、より多くの人がCADを実用的に使用できたきたら・・・
と思い、自分なりのCADの使用方法というか姿勢というかを書いてみました。お役に立てれば光栄です。

<<前へ  |上へ|  次へ>>
12345

通信講座であなたもスキルアップ!学ぶ喜びが味わえる詳しい講座案内書を無料送呈中!

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09