HOMEへ   CADを使おう
TOPB B SPCHTMLMY−LOG

CADを使おう

カスタマイズ

CAD雑記

<<前へ  |12345|  次へ>>

★今すぐ仕事に結びつく稼げる資格!スキルアップガイド無料進呈中 Click Here![PR]

● CADってなに?

CADっていうのは computer-aided design つまり、コンピュータ支援による描画ってことです。
CADの有効的な使用例として、作成したいものをデジタルデータとすることで、機械により自動的に、何度も同じ加工をさせるCAD/CAMというのがあります。コンピュータ上で描いた品物を自動的に機械加工するといった感じです。

それだけではなく、CADで図面を書くことにより、編集が容易になります。
細かい線を消そうとすると廻りの線まで・・・って事がないですし、複雑な図形をちょっと移動したいという時もコマンドですぐに実現できます。

一度書いたものは部材データ(ブロック・シンボルなど言い方は色々)として記録しておくことで、何度でも使いまわせ同じ様な図面を何度も書かずに済みます。
同じ図面上に同じ図を配置する時や、等間隔に並んだものなどは、一つ書けばそれを複写するだけで済みます。 それは、もちろん複数の図面で使いまわすことが可能です。
それぞれの図面で記号が違うといったことを防止する意味でも便利です。
左右対称な図面は右(左)半分書けば対象複写で済むという点もその一例でしょう。
また、拡大、縮小が容易です。部分的な図面をあげれば、それをつなぎ合わせ、全体図を作成できます。

もちろん、寸法を自動的に記入してくれます。それはたとえ書いてる人間がいくつになるかわからないような、 結果的に生じた長さでさえも、値をだしてくれます。もちろん面積だって計算可能です。

とあげれば色々出てきます。とにかく手書きにはないメリットがあるのは間違いじゃありません。
が、もちろん、デメリットだってあります。

CADはモニターに向かって書くわけです。それは現実の図面の大きさではありません。
大きさのはっきりしている物を書く場合はそのまま書けばいいのですが、たとえば、図面に挿入する記号、 文字といったものは画面を見た感じでは実際に出力される状態をイメージしにくいのです。 思ったより大きかったり、小さかったり。まあ、なれなのですが・・・フリースケールに弱いのです。
そして、もちろんトレースは出来ません。
トレーシングペーパーなら紙の下に写したいものをおいて線をなぞればよいのですが、もちろんCADではそれは出来ません。
どんなものでも長さを測るなりしてキーボードとマウスで入力していくしかありません。
既成の図面がCADデータで手に入らないとはっきりいって厄介です。

レイヤがしっかり分けていれば問題もないのですが、編集が難しいときがあります。
たとえばある一部分を移動をするさい、対象となるオブジェクトと重なっている線が、同じレイヤにある別のオブジェクトと重なっていたとき、そのオブジェクトを選択することが困難な場合があります。
画面を拡大すると周りを見渡せないし、縮小するとオブジェクトの選択が難しくなる・・・。
(まあ、それでも手書きよりは速いしきれいだと思いますが)

結局、図面データはパソコンの中にあるわけです。図面を図面ケースを開いてみるようには見れません。パソコンを立ち上げて、図面データを探してひらかなければ見れないわけです。
そして画面の大きさには制限があり、2枚の図面を開けば、1枚に使える図面の広さは半分になるわけです。21インチのモニタでもA3程度の大きさですから床に何枚も図面を広げて上から眺めるなんて芸当は、図面がデータで存在しているうちは不可能です。
もちろん出力すればすむのですが、これがまた問題を生みます。
パソコンに保存してある図面データと、出力してある図面は同じものなのか?という問題が。
編集後に再出力した図面には、もちろん編集の後が残っていません。
こまめに出力すれば紙が無駄になり、同じ様でどこかが違う図面が出てきます。かといって出力しておかないと、使いたいときに使えない。
どれが最新の図面なのか分からなくなります。
編集日を図面にしっかりと記入し、最終出力日を管理しないとこうなる。
(AutoCADLT2002には、出力日を自動で印字してくれる機能があって助かる。)
CADを扱う人と、図面を書く人が別々にいる現状、図面を出力するタイミングはなかなか難しいものです。
編集の跡に加え、苦労や迷い(適当さや、やる気のなさ)が図面には現れず、とにかくとってもきれいで信用できそうな図面に見えてしまう。
こればっかりは、どうしようもないです。

根本的問題としてCADがパソコン上で動作している以上、ある程度パソコンの知識が必要になるということです。
どんなにCADの扱いを覚えても、パソコンの知識が無いと不便です。とくにAutoCADは使い込むならカスタマイズが求められるので。
ファイルの操作やトラブった時など、Windowsの操作方法がわからないと色々と不便がありあます。
CADはAutoCADだけでなく。様々なCADアプリケーションが使われています。
そして、アプリケーションが違えばデータの種類も違うので、共通データ(DXF)が用意されていますが、 その違いがすべて解消しきれるわけではなく色々問題が発生します。
そういった違いの解消もそれなりにパソコンの知識(感性)が求められるのではないのでしょうか?

<<前へ  |上へ|  次へ>>
12345

中古スマホ・ガラケーなどのモバイル製品をお探しなら電脳プラザで!
 
常時2,000台以上の在庫を取り揃え!最短即日出荷に対応!

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09