HOMEへ   ホームページを作ろう |レンタルサーバいろいろ
TOPB B SScriptPCMY-LOG

作 成

作 成 2

基礎知識

装 飾 術

<<前へ  |123456789101112131415161718|  次へ>>

★今すぐ仕事に結びつく稼げる資格!スキルアップガイド無料進呈中 Click Here![PR]

● ファイルパス

パソコンの記憶装置やウェブ上に有るでデータを呼び出すためには、そのデータの所在場所『パス』を設定する必要があります。 WindowsOS等ではマウスによるクリックで、フォルダを開くなど視覚的な操作によりそれを実行できますが、 HTMLの記述でファイルなどの資源(リソース)を呼び出すためにはリソースの所在場所を設定しなくてはいけません。
WindowsOSでは『パス名』と表現されて、アドレスバーに表示されます
フォルダを開いたときのウィンドウ上部にある『ツール』メニューより『 フォルダオプション』を開き、 『表示』タブにある、『ファイルとフォルダ』の一番上、 『アドレスバーにファイルパス名を表示する』(デフォルトでは未チェック)にチェックを入れて『適用』すると、 アドレスバーにフォルダの『パス名』が表示されるようになります。
フォルダの様子

ハイパーリンク画像の表示などでリンク先や、画像ファイルを設定する場合にこのパスを設定することになります。
このパスの設定方法は、今の位置を基準とする相対パスと、 どこを基準としても変わらない絶対パスの2種類があります。
相対パスの場合、主に下記のようなパターンに分けて記述します。

該当ファイル(page1.htm)が同じフォルダ内にあるのならただのファイル名 ・・・ page1.htm
又は同じフォルダ内を示す『./』に続けてファイル名 ・・・ ./page1.htm
フォルダ内(aaa)にあるのなら、そのフォルダ名に続けてファイル名。 ・・・  aaa/page1.htm 又は ./aaa/page1.htm
該当ファイルがフォルダ内にあり、上のフォルダにアクセスしたい場合は上への意味を持つ『../』の後にファイル名 ・・・ ../page1.htm

A要素に記述してみると、例えば『http://www.aaa.ne.jp/~bbb/index.htm』から、 『ccc』というフォルダにある『page1』というファイルにリンクしたければ、
<A href="./ccc/page1.htm" >page1.htmへリンク</A>
という記述になります。(./は必要ではありません。)
そこから『index.htm』に戻るときは、
<A href="../index.htm" >index.htmへ戻る</A>
という記述になります。 さらにフォルダを上がるときは『../../index.htm』と『../』を増やします。

ファイルとフォルダの構造

絶対パス

絶対パスでの記述は目的のURLをそのまま入力します。
<A href="http://www.aaa.ne.jp/~bbb/index.htm" >index.htmへリンク</A>
<A href="http://www.aaa.ne.jp/~bbb/ccc/page1.htm" >page1.htmへリンク</A>
ただし、長い記述をすると間違えやすいですし、この記述だと自分のパソコン上では、リンクの確認が出来ません。
(又、相対パスなら他のプロバイダーに乗り換えても、リンクを書き直さずにそのままで使用できます。)

ホームディレクトリを利用したパスの設定

ファイルのパスはホームディレクトリを基点に記述することも出来ます。
http://www.aaa.ne.jp/~bbb/index.htmにアクセスしたい場合、 ホームディレクトリ、『~bbb』を基点として、『~bbb/index.htm』と記述することが出来ます。
このアドレスはサイト内なら、絶対アドレスとなり、どの階層からアクセスしても正常にリンクされます。 階層が深くなりすぎた所から一気に上に上がるときなどに便利かも知れません。

パスの記述

絶対パスと相対パスを使い分けですが 他のサイトにある画像やページにアクセスするときは『絶対パス』での記述となります。 自分のサイト内にある画像やページは相対パスで設定した方が、記述ミスの防止になりますし、 ローカル環境でのチェックやプロバイダーを乗り換えた時もアドレスの書換をする必要がありません。
しかしながら、自分のサイトの『HOMEページへ戻る』ためのリンクには 絶対パスにしておくことをお勧めします。
あるウェブページをハードディスに保存したとき、『HOMEへ戻る』ためのリンクが相対パスであったら、 そのリンクはいったいどこにアクセスされるのでしょう?
保存のされ方(IEの場合『Webページ、HTMLのみ』の保存)ではインターネット上にはアクセスされない可能性があります。 この場合、閲覧者はこのサイトに再び訪れるために多くの労力を要するでしょう。
ページの関係

ローカルへパス

A要素へのリンク先は、インターネットアドレスだけを想像してしまいますが、 たとえば、
<A href="file:///c:/My Documents/">マイドキュメント</A>
と、書けば自分のパソコンにこのウェブページがある場合 自分のパソコンのマイドキュメントを開くことが出来ます。
Cドライブ内のMy Documentsフォルダがマイドキュメントの場合のみ。
違う方はそれなりのパス(アドレス)を入れてください。

<<前へ  |上へ|  次へ>>
123456789101112131415161718

広告掲載で簡単収入!!登録無料のアフィリエイトプログラムなら導入は安心。
Click Here! リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム http://draft.j-a-net.jp/banner/NEXT アクセストレード
アフィリエイトプログラム比較

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09