HOMEへ   ホームページを作ろう |レンタルサーバいろいろ
TOPB B SScriptPCMY-LOG
Click Here!

作 成

作 成 2

基礎知識

装 飾 術

<<前へ  |1234567891011121314151617|  次へ>>

★今すぐ仕事に結びつく稼げる資格!スキルアップガイド無料進呈中 Click Here![PR]

● ファイルの準備

HTMLファイルを記述するにあたっていくつかのルールがあります。
まずはHTMLを記述する時はその記述部をHTMLタグで囲む必要があります。 また、HTMLタグ内はHEAD部分とBODY部分に分ける必要があり、 HAED部分にはファイルの情報を、 BODY部分に表示したい内容を記述します。
タグ配置図

HAED部分のファイルの情報とは、例えば、そのページのタイトルです。
TITLE要素に記述したのページのタイトルはIE等のブラウザではウインドウの左上の部分に表示され、 お気に入りに登録される時やショートカットを作成された時には、そのタイトルとして表示されます。
もし、タイトルが未設定だとURLがタイトルの代りとなります。
また、文字コードの設定もこの部分で行ないます。 何気なく使っているこのテキストにはいくつかの種類があります。
例えば、『あるサイトを開いたら文字が化けてしてしまう』ってこと起きたことありませんか? それは、ブラウザが記述されている文字を、正しい文字コードで読み込まないために起こる現象です。 そう言ったことがないように、あらかじめ使用している文字コードなどの最低限の情報はHAED部に記述するようにしましょう。
Windowsのメモ帳で扱えるのが『Shift_JIS』のため、『Shift_JIS』が一般的に使われてしまっていますが、 Geocitiesなどのホームページ作成ウィザードを使用して作られたページでは『EUC』が使われています。 この『Shift_JIS』と『EUC』は文字コードが似ているため、IE等の文字コード自動判定ではしばし誤認識してしまい文字化けが生じます。
『Shift_JIS』を指定されたページから無指定の『EUC』で書かれたページに移動すると起こりやすいようです。
この症状はメニューの『表示』より『エンコード』を選び、手動で適切な文字コードを設定するときちんと表示されます。
ただ、文字コードをHAED部に記述すれば文字化けを起されることは無いでしょう。
こうして記述するとファイルは全体的に下のようになります。

<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<TITLE>ページタイトル</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

・・・・ページ記述内容

</BODY>

文字コートを設定している要素をMETA要素といい、 この要素はファイルの基本情報を記述するための物で、この情報をメタ情報といいます。

文字コードに関する情報
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
・・・ファイルの記述が『textでHTML言語、Shift_JISの文字コード』である
<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
・・・スタイルの記述は『textでCSS言語』である
<META http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
・・・スクリプトは『textでJavascript』である
ページ内容に関する情報
<META name="title" content="サイト名">』 ・・・タイトル名
<META name="keywords" content="・・・">』 ・・・検索キーワードとなる文字(複数はカンマ『,』区切)
<META name="description" content="・・・">』 ・・・サイトの紹介文

・・・など作成環境に合わせて記述します。
特に『name』属性のあるMETA情報は主に検索サーチンが利用するものなので、必要な訳ではありません。
ロボット検索(自動でインターネット上の各サイトを巡回し、 ウェブページの情報を収集するソフトウェア)を利用した検索サーチンでは、 通常この情報を登録したり、この情報の指示に従います。
検索サーチンの登録方法は各検索サーチンによって異なりますので、そちらを参照願います。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<META http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<META name="title" content="サイト名">
<META name="keywords" content="サイト検索のキーワード">
<META name="description" content="サイトの説明">
<LINK href="style.css" rel="stylesheet" type="text/css">
<TITLE>ページタイトル</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

これは、一般的なHTMLファイルの始まり部分です。(何を持って一般的としているのやら・・・?)
一番上は文書型宣言を記述しています。ブラウザはこの記述に従って文書を表示します。

HTML4.01Strictの場合・・・フレーム機能が使えず、また非推奨タグを使用していない文書に設定
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
HTML4.01Transitionalの場合・・・フレーム機能が使えず、非推奨タグを使用している文書に設定
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
HTML4.01 Frameset の場合・・・フレーム機能を使用する場合
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

LINK要素は、このページが他のファイルと何らかの関わりを持っているファイルを記述します。 ここでは、このページのスタイルに関わるファイルが『style.css』に記述されているということを示しています。
『href』属性はそのファイルの位置、『rel』はそのファイルが何の情報を持っているか、『type』はそのファイルの形式を記述しています。

<<前へ  |上へ|  次へ>>
1234567891011121314151617

今すぐ仕事に結びつく資格&技能完全ガイド【情報満載のガイド無料進呈】

‥…━★ 通信教育80年の実績!がくぶん総合教育センター ★━…‥

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09