HOMEへ   ホームページを作ろう |レンタルサーバいろいろ
TOPB B SScriptPCMY-LOG
Click Here!

作 成

作 成 2

基礎知識

装 飾 術

<<前へ  |123456789101112131415161718|  次へ>>

★今すぐ仕事に結びつく稼げる資格!スキルアップガイド無料進呈中 Click Here![PR]

● ファイル一覧の表示

ホームページを設置する際に、ファイルを整理するためにサブディレクトリ(フォルダ)に、コンテンツごとにファイルを分けることがあります。 通常、どこのホームページスペースでもhttp://www.domain.ne.jp/~user/folder/ (スラッシュ『/』で終わるアドレス)へアクセスされた場合、 『folder』というフォルダ内の『index.html』または『index.htm』が開くようになっています。
この原則が、どのフォルダにも適用されているわけですが、 このとき『index.html』または『index.htm』フォルダ内に無かった時どう処理されるでしょう。
NOT FOUND 404エラーを表示してくれるのなら問題はないのですが、 サーバーによってはフォルダ内(ディレクトリ)のファイル一覧が表示される場合があります。

画像をクリックしたときhttp://www.domain.ne.jp/~user/folder/img1.jpgに移動したとします。 (IE上部の『アドレス(D)』を注目)
その時、そのアドレス部分にカーソルをおき、最後の『/』以降『img1.jpg』を消して、 右にある『移動』をクリックするか、またはエンターを押します。
このとき、『img』フォルダ内の ファイル一覧が表示されてしまう場合があります。 これはこれで利用方法があるのですが(画像展示の際にインデックスを作成する必要がないなど)、 もし見せたくないのなら、フォルダに『index.html』または『index.htm』等の 自動的にアクセスされるファイル(ダミーファイル)を設置しておきます。
ファイルの中身は特に何でもかまいません。カラのファイルでもいいと思います。 (『のぞき見禁止』とか『見るな〜』とか書いたファイルも面白い。)
もちろんファイル一覧が表示されない場合もあります。
特に、CGI等を使用している場合は、 datファイルやLOGファイルを晒すことになりますので十分注意が必要です。 これはアクセスコントロールファイル『.htaccess』 HTTP接続時のアクセスを設定するファイルで制御可能ですが、無料で提供されているサーバーでは、 まず変更することはできません。

<<前へ  |上へ|  次へ>>
123456789101112131415161718

今すぐ仕事に結びつく資格&技能完全ガイド【情報満載のガイド無料進呈】

‥…━★ 通信教育80年の実績!がくぶん総合教育センター ★━…‥

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09