HOMEへ   ホームページを作ろう |レンタルサーバいろいろ
TOPB B SScriptPCMY-LOG

作 成

作 成 2

基礎知識

装 飾 術

<<前へ  |123456789101112131415|  次へ>>

ウイルスバスター 30日無料体験版 ノートン無料体験版 マカフィー・30日間無料版 [PR]

● 表内の配置設定

水平及び垂直方向の配置

以下の属性及び属性値はセル内の文字の配置を設定するために使用します。
これらの設定はいずれCSSを使用することが推奨されると思われます。

align属性は、セル内の記事の配置、揃え方を設定するための属性で、属性値は以下より選びます。
left:左寄せ(左揃え)となります。これは表における初期値です。
center:中央揃えをとなります。これは表見出し(TH要素)における初期値です。
right:右寄せ(右揃え)となります。
justify:両端揃えとなります。
char:char属性において設定された文字で揃える時に使用できます。

valign属性は、セル内の記事の垂直方向における配置を設定するための属性で、属性値は以下より選びます。
top: セル内の記事を上端に寄せます。
middle:セル内の記事を垂直方向で中央にします。これは初期値です。
bottom:セル内の記事を下端に寄せます。
baseline:文字の基準位置(ベースライン)が異なる文字が同じ行内に並んだときに、それを揃えるのに使用されます。 この属性値が設定されたセルの記事は、垂直方向の基準をその行の第1列目の文字に合わせて配置されます。 このベースライン揃えは、行単位で設定され、その前後の行には影響しません。(下サンプル参照)

あAa1 あAa1 あAa1 あAa1 あAa1 あAa1 あAa1
あAa1 あAa1 あAa1 あAa1 あAa1 あAa1 あAa1

<TABLE border="1">
<TR>
<TD valign="baseline" style="font-size:1em">あAa1</TD>
<TD valign="baseline" style="font-size:3em">あAa1</TD>
<TD valign="baseline" style="font-size:2em">あAa1</TD>
<TD valign="baseline" style="font-size:0.2em">あAa1</TD>
<TD valign="baseline" style="font-size:0.8em">あAa1</TD>
<TD style="font-size:2em">あAa1</TD>
<TD style="font-size:0.2em">あAa1</TD>
</TR>
<TR>
<TD style="font-size:1em">あAa1</TD>
<TD style="font-size:3em">あAa1</TD>
<TD style="font-size:2em">あAa1</TD>
<TD style="font-size:0.2em">あAa1</TD>
<TD style="font-size:0.8em">あAa1</TD>
<TD style="font-size:3em">あAa1</TD>
<TD style="font-size:0.2em">あAa1</TD>
</TR>
</TABLE>

○桁揃え

水平位置の属性値が『char』だった場合、 char属性は、単一文字を基準に記事を揃えるため場合の、基準となる文字を設定するために使用します。 この属性の初期値は、lang属性で設定された現在の言語における小数点 (英語ならピリオド『.』、フランス語ならコンマ『,』) です。
この属性は、charoff属性で、桁揃えのための文字の基準位置を設定することができます。 桁揃え文字を含まない行では、桁揃え位置の末尾に合わせて水平方向に移動し、 この時の移動方向はdir属性で設定される現在の文字方向に依存します。
桁揃えに関する属性はサポートされていないようです。有ると便利そうですけど・・・

○配置設定の継承

セル内容の配置は、セルごとに設定することも、表自体や、行、列などのセルを内容とする要素から継承することもできます。 この影響の順位は、水平方向の配置設定は列が行に優先し、 垂直方向の配置設定は行が列に優先します。
例えば、align属性による水平方向の配置設定の優先順位は、

  1. セル内に記述される要素(例えばP要素)に設定されている配置に関する属性値が最優先されます。
  2. 次に、セル(TH及びTD要素)に設定されている配置に関する属性値が優先されます。
  3. 列グループ要素(COL及びCOLGROUP要素)に設定されている配置に関する属性値。
    複数列をまたぐセルににおいては、またぎはじめとなるの配置のプロパティがセル定義から継承されます。
  4. 行または行グループ要素(TR、THEAD、TFOOT、及びTBODY)に設定されている配置に関する属性値。
    複数行をまたぐセルににおいては、またぎはじめとなる配置のプロパティがセル定義から継承されます。
  5. 表自体(TABLE)に設定されている配置の属性値。
  6. 初期の配置の属性値。

また、valign属性による垂直方向(又、継承される属性であるlang、dir、style属性)の設定の優先順位は、、

  1. セル内に記述される要素(例えばP要素)に設定されている配置に関する属性値が最優先されます。
  2. 次に、セル(TH及びTD要素)に設定されている配置に関する属性値が優先されます。
  3. 行または行グループ要素(TR、THEAD、TFOOT、及びTBODY)に設定されている配置に関する属性値。
    複数行をまたぐセルににおいては、またぎはじめとなる配置のプロパティがセル定義から継承されます。
  4. 列グループ要素(COL及びCOLGROUP要素)に設定されている配置に関する属性値。
    複数列をまたぐセルににおいては、またぎはじめとなるの配置のプロパティがセル定義から継承されます。
  5. 表自体(TABLE)に設定されている配置の属性値。
  6. 初期の配置の属性値。

セルの初期状態における配置は、ブラウザに依存されます。
セルは、親要素(自分を内容とする要素)からではなく、表独特の属性継承として、 またぎはじめのセル(セル結合の元となるセル)から属性を継承することがあるという点に注意してください。

<<前へ  |上へ|  次へ>>
123456789101112131415

パソコンのウイルス対策大丈夫ですか?どれかひとつは入れておきたい対策ソフト
マカフィー・ストア シマンテックストア ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09