HOMEへ   ホームページを作ろう |レンタルサーバいろいろ
TOPB B SScriptPCMY-LOG
Click Here!

作 成

作 成 2

基礎知識

装 飾 術

<<前へ  |1234567891011121314151617|  次へ>>

最安値でイッキにまとめ買いブックオフオンラインのオトナ買い [PR]

● データの設置

設置スペースを確保したら、作成したデータをそこに保存します。
この作業はファイルをフォルダからフォルダにコピーするのと特に変わりません。
個人のパソコンからインターネットを使ってファイルを移動させることをアップロード呼び、 通常FTP(File Transfer Protocol)接続という接続によって行います。
借りたサイト設置場所への接続は他人が勝手に使用しないように アカウントとパスワードの確認を必要とします。 このアカウントとパスワード、そして接続先は契約時に画面で確認を求められたり、メール等で通知されたりします。 インターネット上だけの契約だと、紙面によって通知されないので無くさないように、 かつ人に知られないよう管理には充分注意を払いましょう。

FTP host.ne.jp
FTPアカウント mypage
FTPパスワード PassWord
デフォルトディレクトリ public_html

もし、上のように通知された場合は、インターネットエクスプローラーを立上げ、 アドレスにFTPという記載で伝えられている、『ftp://host.ne.jp』を入力します。 すると、『アカウント(ユーザー名)』と 『パスワード』を求められます。(下の画像はWindows2000のものです。)
FTP接続認証
アカウントは上ではFTPアカウントですが、IDやそのままユーザー名など、サービスによって名称が異なります。(おそらく、サイトのアドレス『~』以降の文字ではないかと思います。)
パスワード、上ではFTPパスワードです。ほとんど『パスワード』という文字を使って表現されているのではと思います。 (この時、メールサービスや会員サービスなどが同時に提供される場合、 それらのアカウントやパスワードなどと間違えやすいのでご注意を。)
『簡単ホームページ作成』サービスなど一部のサービスは コントロールボックスと呼ばれるページで、レイアウトや記事の編集を行いデータの保存を要さないものもあります。
また、一部のサービスはデータを保存するためのユーザーページを提供していたりもします。
こうして、認証されれば、後は通常のフォルダのように使用できます。
なお、ログインを簡単にするため、この『フォルダ』のショートカットを作成しておくと、 次回からはアドレスを打ち込まずにすみます。
ショートカットは、ウィンドウ左上のアイコンをマウスの右又は左のボタンを押しながら動かします。 離したところにショートカットアイコンが作成されます。 なお、認証画面の右下にある『パスワードを保持する』にチェックを入れれば、 パスワードを打ちこまずに認証を受けられますが、 このパソコンを使う人すべてがアクセスできるようになり危険が伴います

データの設置

あとはフォルダ間のファイル交換と同じで、作成したHTMLファイル等をコピーすればよいのですが、 通常、『デフォルトディレクトリ(初期フォルダなどと呼ばれることもある。)が指定されているので、 そのフォルダを開きその中に保存しなくてはなりません。
デフォルトディレクトリとは、与えられたURL (例えば『http://www.host.ne.jp/~mypage』)でアクセスされるディレクトリ(フォルダ)です。 この、デフォルトディレクトリ外はURLではアクセスできません。
また、ファイル名にも注意しなくてはいけません。 通常ウェブサーバーではファイル名の大文字と小文字を区別します。 つまりindex.htmlとIndex.htmlは別のファイルとして扱われます。 そのため通常、ファイル名はすべて小文字に統一しておきます。
これらに注意し、自分のパソコンからファイルをコピーし終えたら、試しに、ブラウザでサイトにアクセスしてみます。
通常、例えば『http://www.host.ne.jp/~mypage』にアクセスした場合、 『http://www.host.ne.jp/~mypage/index.htm』 又は、『http://www.host.ne.jp/~mypage/index.html』にアクセスされます。
その中で、思い通りに表示されていない部分があれば、パソコン上の該当ファイルを編集し、 サーバー上のファイルに上書きします

なお、ほとんどの(有償を含む)サーバーは、サーバー上に保存しているデータを保証していません。 何らかの障害(トラブル)が生じて、ファイルが破損してもその復元は、個人で行わなければなりません。 (たとえバックアップを取っていても、保証はしないはずです。) ですから、同じデータをバックアップとしてパソコン内に確保しておくと良いでしょう。

<<前へ  |上へ|  次へ>>
1234567891011121314151617

広告掲載で簡単収入!!登録無料のアフィリエイトプログラムなら導入は安心。
Click Here! リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム http://draft.j-a-net.jp/banner/NEXT アクセストレード
アフィリエイトプログラム比較

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09