HOMEへ   MY-LOG 〜 私 事 〜
TOPB B SHTMLPCSOFT
Photo犬の十戒モニター募集成功マニュアルオイシイ話オンラインゲーム
Click Here!

『オタク』と『マニア』


一時期、パソオタと馬鹿にされている時期があって、確かに口を開けばパソコンの話しばかりしていました。
ただ今にして思うと、マイブームを一番の話題として話すのは誰でも同じなのでは・・・、
映画・ドラマの話し、ミュージシャンの話し、旅行の話し、恋話などなど、
その時自分が一番関心を持っていることを多くの人と話したくなるのは誰でも同じではないかと。
しかしドラマや音楽、旅行、恋の話しでは『オタク』とか『マニア』と呼ばれることなく、みなに受け入れられます。
映画だとジャンルによりけりですが、アニメとか漫画、パソコンの話しをしだすと即座にオタク呼ばわりです。
確かに、特定のマイナーな事を話すのは『オタク』とか『マニア』と呼ばれて然りですが、
パソコンはほぼ誰もが持っている家電機器です。
なのにその話しで『オタク』とか『マニア』扱いは、正直差別ではないかと思うのです(−−。

仕事がCAD使いなのでパソコンの知識は多いに越したことはないわけで、
パソコンの知識を増やすには雑誌を読むより有識者との会話の方が質問できるので知識が増えます。
パソコンをいじりはじめて半年から1年くらいは、そうやってどんどん知識を蓄えてきましたが、
いつしか、その有識者の知識を吸収し尽くし(笑)まわりに自分より知識のある人が居なくなっていました。
自分に知識を提供した人との会話ではもはや満足いかなくなっていたのです。
質問ばかりしていた自分が時には相談相手になるくらいでした。
そこでより知識のある人との会話を実現するために会う人会う人にパソコンの話しをしだすのですが、
オタク・マニア呼ばわりされるので、面白くなく今ではほとんど口にしなくなりました。
そんな仕打ちを受けたにもかかわらず、自分をオタク・マニア呼ばわりしてた人の中には、
いざパソコンの事で困ると自分に相談してくるのだからいい気な物です。

ところでこの『オタク』と『マニア』って言葉どう違うのでしょう?
『オタク』という言葉はアニメファンなどが会話の中で相手のことを名前でなく、
「おたくは・・・」とか「おたくさぁ」などと呼んでいたことから出来た言葉のようです。
『おたく』という言葉自体は『相手を敬ってその所属する会社・組織などをいう語。』(三省堂提供「大辞林 第二版」)
といった意味があり、初対面での会話で相手の名前を知らなくても丁寧に相手を指せる言葉として便利だったようです。
ただそれを周りから見ていると・・・って言うことで、こういう人々のことを『オタク』と呼んだのではないかって事らしいです。
この『オタク』という言葉は、それ以外にも『お宅』、『オタッキー』、『おたく族』 などと呼ばれたようですが・・・
昔の『マニア』という言葉の言い換えとされる一方で『お宅』という活字のせいかインドアな人間、
今の『ひっきー(引き籠もり)』みたいな人のことも『お宅』と呼ばれるなど、幅広い使われ方をされていったようです。
そのため『オタク』と『マニア』は別の意味とされながらも、その違いは明確にはなっていません。
ただ自分は『パソコンオタク』と呼ばれるくらいなら『パソコンマニア』の方が良いと思うのです。
つまり、自分の中では『オタク』より『マニア』の方が良いイメージなのです。
なぜかと考えてみると自分の勝手なイメージでは、
物事に対して、『生産性のあるはまり方』をしているのはマニア
物事に対して、『生産性のないはまり方』をしているのはオタク
というような分類になっているからです。
つまり自分の趣味を趣味以外の部分にも生かせているのが『マニア』であり、ただただ一途に好きなだけなのが『オタク』であり、
漫画やアニメ、映画の分野が『オタク』呼ばわりされやすいのもこの分類だと当てはまるように思います。
例えば、映画や漫画の分野で『マニア』と呼ばれる人々は、
作品性や作品の技術などを語り合い、将来の新しい作品創りに活かすという面で生産性があると思います。
逆に、その分野で『オタク』と呼ばれる人たちは、好きな作品にただただ没頭するだけで、
その展開を想像してみたり、そこに登場する現実には居ないキャラクターの可愛さを語りながら惚れたり(萌えたり)、
その作品の関連グッツを探すために時間を費やしたりと、生産ではなく浪費的な行動をします。
だから、同人誌でも漫画を書く側ならば、そこには技能や作品のための豊富な知識、
客観的に作品を見る広い視野が必要になるのでしょうが、読む側、作品にのめり込む側は技術も知識も特に必要とはされません。
オタクは『お宅』の域をでず、のめり込んだ物を外に活かすことが無い人たちではないでしょうか。

パソコンで言えば、
パソマニア → パソコンに詳しく、自作や増設、管理ができる。
パソオタク → パソコンのスペックやらメーカーやらに詳しいわりには、やってることと言えば普通にネットやメールくらい・・・。
マニアックなメーカのパソコンは使っているけどやはり自作や増設はしたりしない(出来ない)。

てっちゃん(鉄道マニア)も
時刻表や車両の型に詳しい割りに出不精で何処にも行ったことが無いのは鉄道オタク。
写真も自分で撮るのではなく、写真集を買い集めるだけ。
旅行を通じて電車に詳しくなり(電車に詳しくあっちこっちに旅行に行って)、知識を持つようになったのは鉄道マニア。
電車の写真を撮るために旅行に行ったり、または旅行時にはあえてローカル路線を使用してみたり乗った電車は写真に撮る。

まぁなんにしても、何か1つでも人より秀でた物を持っているのは羨ましいことです。
それが生きる糧ともなればなおさらです。

自宅にいながらお買い物ブックオフオンライン 出版社・雑誌別 連載中コミック一覧ページ オトナ買い
ブックオフオンライン【PC・携帯共通】 ブックオフオンライン ブックオフオンライン ブックオフオンライン

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09