HOMEへ   MY-LOG 〜 私 事 〜
TOPB B SHTMLPCSOFT
Photo犬の十戒モニター募集成功マニュアルオイシイ話オンラインゲーム
Click Here!

バイトテロ


バイトテロ=アルバイトのツイッターテロ
アルバイトが職場で悪さをしている姿を、ツイッターやSNSに投稿し、
それが第3者の目に触れ、クレームとなり、雇っている企業が謝罪をする…そんな事件が続いている(いた)。

おそらくアルバイトが職場仲間と悪さをして笑いあう事自体は昔からあったと思う。
もしかしたら、カメラ付き携帯が普及した時代には、それを友人たちに写メして笑いあっていたかもしれない。
しかし、そういった行為が、昨今ではスマートフォンで撮影し、
友人と笑いあうために、それをネット上にコメントとして投稿することが普通となっている。
ネットの向こうに多くの第3者が居ることに気付いていない。
もしかしたら気付きながらも、意識していないのかもしれない。
さらには、笑いあえるなら、第3者ですら友達なのかもしれない。

ようは、目の前に居る人に写真を見せる感覚で、ネット上に投稿しているのだろう。

限られた物理的接触と不特定多数が接触し合えるネット空間の区別がなく、使い分けができていないのだろう。
故に、リアルな友人と、ネットの友人の区別がついていないのかもしれない。
生まれたときから当たり前のようにインターネットのある生活をしているとそういう感覚あ麻痺してしまうのか?


ところで、これらの事件の反応に、
行為そのものへの批判、ネットに投稿することへの批判とともに、
アルバイトに仕事を任せることへの批判が目立つ。
安い金で粗悪な人材を雇うから…というような…もの、
労務費ケチるから、莫大な損害を被るんだというようなものなど。

自分も学生のころには何度かるバイトをしていたが、いち労働者として真摯に仕事をした。
正直、こういう発言にはアルバイトだからと馬鹿にしていいのか!?と思ったのだけど、
そういった書き込みは見かけなかった。
おそらくアルバイトの人だってこういうコメントを見たと思うが、
同様にアルバイトだから悪さしてもしょうがない…と思ったのだろうか?
そういう意識で働いているのだろうか?そういう目で見られていいのだろうか?
アルバイトの面接に行くと、面接官が、
君みたいなのは悪さしてツイッターに…とか言われても仕方ないと思っているのだろうか?

低賃金のアルバイトを憐れんでのコメントなのだろうが、
逆にそれによってアルバイト=質が低いという印象を世に蔓延させていることに気付いていないのだろうか?

資源はリサイクル!イーブックオフなら1冊からでも買取OK!
ブックオフオンライン【PC・携帯共通】 セカンドストリート オンラインストア
送料無料!自宅にいながら本・CD・DVD・ゲームが売れるブックオフオンラインのインターネット買取

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09