HOMEへ   MY-LOG 〜 私 事 〜
TOPB B SHTMLPCSOFT
Photo犬の十戒モニター募集成功マニュアルオイシイ話オンラインゲーム

老後の資金形成のために


「老後資金は1億円必要」といわれています。

そもそも老後資金とは何でしょうか?
それは仕事(現役)を退き、安定した収入がなくなるであろう60代からこの世を去るまでの間の生活資金のことです。
例えば、60歳で仕事を止め、90歳まで生活する(生きる)と考えれば、30年間の生活費です。
その30年の間をどんな生活を送るかで、必要な資金は変わってきます。

例えば、現役時代に月20万程度で生活していた人が、老後資金に月30万を見積もるというのは現実的ではないし、
逆に現役時代月30万程度で生活していた人が、老後資金に月20万しか見積もらないのも大丈夫なの?ってことになります。
なので、老後資金の見積もりにはまず、今どの程度のお金で生活出来ているかを分析する必要があるわけで、
その参考となるのが、家計簿になります。

さて、では実際に月20万の生活費が必要と考え、30年間を無収入で生き抜くためには
単純に20万円×30年×12ヶ月=7,200万と算出できます。

あれ?1億じゃない??

逆に1億円あると…1億÷(30年×12ヶ月)=27.77…万円。
つまり「老後資金は1億円必要」とい考えは月28万円弱の生活を想定しているということがわかりました。
月28万円、年収約336万円。
336万円・・・まぁ一般的なサラリーマンの年収・・・その程度は・・・と思う事なかれです。

生命保険等各種保険料の支払や住宅ローンの支払い、子育費用とそのための貯蓄が不要になっての年収336万円です。
それに、老後は保険の支払が終わって、逆に、保険や年金の支払いが始まります。
それらの支払で、老後は完全な無収入というわけではないのです。

家計簿で支出の分析をし、加入している保険を確認し、老後のシミュレーションをしてみましょう。

例えば、通常、国民年金約6.5万円/月程が、会社員(38年勤務/平均月収30万)だった人は、
それに加えて厚生年金で約6.3万円/月程度が見込めます。
つまり夫婦で概ね約19.3万円/月の支給を受けられると見込めるのです。

これは民間の年金保険と違い、亡くなるまで支給されます。
となれば、もし老後の生活費を月28万円と定めるなら、月8.7万円、年104.4万円、
目安として30年分、3132万円あれば目標達成ということになります。
38年勤務で考えれば年82万、月6.8万円の積立です(利子を考えず)。


「老後資金は1億円必要」と聞いて目標を定めていたのとだいぶ異なる結果になりました。
そもそも1億円貯蓄しようとすると、
38年間給料所得者をしているとしたら、月22万円貯蓄していく必要があります。
初任給が20万に満たない人もいるというのに、これは到底不可能な金額です。

しかし、上記の年82万、月6.8万円で3132万円の積立ならどうでしょう?
ただ、この金額はあくまで老後の生活費を月28万円で見積もった場合です。
こんなに貯められないという人は、おそらく老後の生活費もこんなにいらない生活をすると思います。

自分の生活費は月どのくらいなのか。
その結果、どの程度貯蓄ができているのか。
その貯蓄ペースから、将来のイベントにいくらの金を使うか(使えるか)
結婚資金300万
養育費1500万×子供の人数
マイホーム4000万
自動車300万×台数
などなど…。

そこから老後資金の目標をたてることが大切になると思います。

保険のセールスには老後の生活不安を煽り、公的年金の心配をさせ、高額な保険に入らせようとします。
しっかり、自分の財政事情を把握しないと、そんな影響から無意味に貯蓄志向になったり、
多額の保険料を支払ったり、老後資金のためと過剰な節約生活をして、
快適でゆとりがありすぎる老後生活のために、貧相で苦しい現役生活を送ることになってしまいます。

登山用品・カヌー用品、登山・ウォーキング、アウトドアを中心としたスポーツ専門店
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

TOP] [HOME

更新日時:2018/01/31