HOMEへ   パソコンを使おう
TOPB B SCADHTMLMY−LOG

パソコンを使おう

パソコン雑記

パソコン雑記2

その他

<<前へ  |12345678910|  次へ>>

登山・アウトドア・スポーツ専門店【ICI石井スポーツ】 [PR]

● brother MFC-610

かれこれ6年近く使われているプリンタであり、コピー機であり、電話であり、ファクシミリであるブラザーMFC-610。
と言っても、パソコンを使わない実家にあるので、コピー機能のあるテルTEL/FAX状態なのですが。
そのコピー機能が使えなくなったとの事で、実家に呼び出されたのですが、どうしても印刷出来ない色(シアン)があり、
ヘッドクリーニングを繰り返していたところ、「インサツデキマエン」というエラーがでて、動かなくなってしまいました。

メーカーに問い合せたところ、
ヘッドへの紙片などのつまりがないか確認してほしいと、ヘッドを動かす操作とエラーコードを見る方法を教えてもらったのですが、
ヘッドが動かず、完全に故障と言うことに。しかし、すでに修理期間を終えているため後継機種への買換えを促された。
メーカーに見放されたので、もはや思い残すことはありません。
一応エラーコードの意味をメーカーに問うと廃インクパッドの異常と思われると返事をもらいました。

確かに、ネットで色々調べてみると、だいたいこの手の故障は廃インクによる異常のようです。
インクジェットプリンタのヘッドクリーニングは、インクを噴射してヘッドのゴミや塊掛けたインクによる目詰まりを直すのですが、
その時噴出したインクはプリンタ内の廃インク吸収パットに吸収されます。
長い期間使い続け溜まったインクが硬化し、吸収が悪くなったり、連続したヘッドクリーニングで
その吸収パットに満タンなどの異常を感知するとエラーを出てしまい、メーカ送りとなってしまいます(ユーザではメンテのしようがありません)。
言い方は悪いけどほとんど時限爆弾です。

しかし、ネットを調べているとありました。マニュアルには記載されていないメンテナンスモードにする方法、 そしてカウンターリセットの方法が記載さえれていました。
中身をバラして吸収パットに余裕があることを確認し、ブログの記載を参考にカウンターとエラーをリセットしました。
http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/blog-entry-261.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ose1983/6900350.html

1.コンセントをはずす
2.コンセントを入れ【機能/確定】ボタンを15秒間押し続ける。
3.メンテナンスモードに入る
4.80と押す
5.「00:00 00:01 OK」と表示される
6.モノクロ コピー ボタンを 「PURGE: xxxxx」と表示されるまで25回押す
7.2783と押すと、カウンターがリセットされる
8.99と押すとメンテナンスモードを終了し、通常起動します。

「5」は時計の時刻が表示されるようです。
「6」、「7」で「PURGE: xxxxx」を「2783」でリセットするようになってますが、
自分の場合はそれでは動きませんでした。
そこで、モノクロコピーボタンで表示される内容をみて、
「machine error: 47」及び「FRESH:xxxx」を「2783」でリセットし、動くようになりました。
たぶんエラーの解除とヘッドクリーニング回数の解除になったのではと思います。

しかし、何度ヘッドクリーニングしてもどうしてもシアンの印刷が正常に出来ません。
インクがもったいないのでワードでシアンっぽい色の文字記号だけを印刷なんて方法も取りましたがまったく改善されません。
インクが硬化してしまっていると思われます。
そこでさらに良い情報はないかと探すと、ヘッドを無水エタノールで洗浄し、硬化したインクを溶かすという方法をみつけました。
また、インクタンクに無水エタノールを入れて印刷するなんて方法を取られている人も居るようです。

無水エタノールP [500ml]

価格:917円
(2012/4/3 22:58時点)
感想(76件)

【 canon epson hp brother プリンターの目詰まりをコレ一本で即解決!】 キャノン キヤノン エプソン HP ブラザー 対応 プリンター インク 目詰まり防止 ヘッドクリーニング液 プリンタークリーナー ヘッドクリーナー 【純正インクも互換インクもOK】【koushin0401】sale

価格:580円
(2012/4/3 23:04時点)
感想(4件)

送料無料今売れてます!インクジェットプリンター用ヘッドクリーニング液(キャノン&エプソン兼用)強力プリンタヘッドクリーニング液洗浄液 ヘッドクリーナー シリンジ付 強力クリーニング液:100ml

価格:999円
(2012/4/3 23:04時点)
感想(9件)

ところがブラザーのヘッドを本体から取り外す方法が分かりません(何とかすれば外れるのでしょうが、元に戻すのが大変そうです)
そこで、クッキングペーパーに無水エタノールを染みこませ、ヘッドに押し当てるという手段をとりました。
(ヘッドは奥に見えるローラーを回すとロックが外れ動くようになります)
この方法なら、何も上蓋も外すなどの分解をすることなく出来てしまいます。
0クッキングペーパーを置き、そこにヘッドを持ってくるとインクがにじみ出ててきます。
確かにコレでクリーニング出来たのでしょうが、どうもタンク内のインクまでしみ出てたようで、
何度かクッキングペーパーを交換した後、テスト印刷してみると・・・インクが残り少しというメッセージが・・・。
次やるときはきちんとインクタンクを外してからにしようと思いました・・・反省。

さてテスト印刷すると、コレが全然駄目。
しかし、2度3度ヘッドクリーニングを掛けると見事回復してました。
これは無水エタノールとクッキングペーパーにチューブ内のインクが吸収されたか、無水エタノールがヘッドの方に入ってしまったからか?
なんにしても、ヘッドクリーニングを何度やってもまったく印刷できなかったカラーは完全回復しました。

そんなわけで、廃インク問題を避けるために連続したヘッドクリーニングは避けた方が良さそうです。
多少でも改善が見られた場合は単色印刷によるメンテナンス(ペイントなどのべた塗り印刷がよろしいようです)。
2〜3度のヘッドクリーニングで全く改善が見られない場合は無水エタノール等でヘッドの清掃。
(無水エタノールはプラスチックを痛めるので、お湯の方が良いって話もあります。実践は自己責任で・・・)

<<前へ  |上へ|  次へ>>
12345678910

通信講座であなたもスキルアップ!学ぶ喜びが味わえる詳しい講座案内書を無料送呈中!

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09