HOMEへ   パソコンを使おう
TOPB B SCADHTMLMY−LOG

パソコンを使おう

パソコン雑記

パソコン雑記2

その他

<<前へ  |1234567891011|  次へ>>

★今すぐ仕事に結びつく稼げる資格!スキルアップガイド無料進呈中 Click Here![PR]

● メールを使おう

メール・・・つまり手紙・はがきです。もっとも今メールというとE-Mail、 つまり電子メールのことを指すようです。
従来、電子メールの送受信はパソコンでしかできませんでしたが、今では対応の電話機や、 特に携帯電話でも可能となり、ほとんどの人が利用できるようになっています。 パソコン、携帯電話の二つのメールアドレスを持っている人は、 いったいどちらの利用率の方が高いのでしょうか
しかし、携帯電話とパソコンのメールは同じメールでありながら、少々性質が異なっています。
パソコンのメール(インターネット接続プロバイダー等によるもの)は、パソコンでメールサーバに問い合わせる事で、 メールの受信を確認します。つまり、メールを送っても、それは受信者の都合で開かれ、 送信者にしてみれば、いつ見られるか分らないものなのです。
一方、携帯電話のメールは、メールサーバーからダイレクトに端末機に送られるため、携帯電話が受信可能な状態なら、 ほぼリアルタイムに受信する事になり、チャット感覚で問答することが可能となります。 携帯電話はその名の通り携帯するモノと考えれば、送ったメールは即座に相手が確認することになるのでしょう。
コレはパソコンのメールとは大きく性質の異なる点であり、携帯電話メールの長所といえるでしょう。 しかし一方で、短所ともなります。 真夜中、睡眠中に携帯電話のメール受信音で目を覚ましてしまったという話を聞いたりします。
両者は同じメールでありながら、このような違いがあります。
メールが『手紙。はがき』である以上、相手へは何時とどくか分らず、 そして相手が都合の良いときに開封するというのが本来の姿であるはずです。 携帯電話メールはPHSで行われていたサービス、文字トークの進化系といえ、 その存在と用途はパソコンのメールとは異なった物として使われてきているようです。

さてこのメールですが、身近なメールサービスとしてはインターネット接続プロバイダーがありますが、 それ以外にも無料で提供してくれるサービスや、ホームページ設置スペースを借りるときに付いてきたり、 メールアドレスだけを提供してくれる転送サービスがあります。
一般的なメールサービスとしてはPOPメール (Post Office Protocol)を利用したメールサービスで、メ−ルサーバーに問い合わせ、 メールがあればパソコンにダウンロードされるというメールの種類です。 このサービスはパソコンにメールを受信するソフトがあり、かつ該当サーバーに接続できる設定がされていれば、 ボタン1つで簡単にメールを確認できます。 それ以外にも、WEBメールという提供サーバーのホームページ上でしか、 メールの受信確認ができないメールの種類があります。これは逆にメールを受信するソフトが無くても、 ホームページが見られれば、どこからでもメールのチェックができるのが特徴です。
最近は両方のサービスを行なっているところが増えています。

POPメールを受け取るためにはパソコン側に設定を行なう必要がありますが設定完了後に、 『送受信ボタン』で確認し『OK、成功』と思っていると、 いざメールを送信するときになってエラーが発生って事が良くあるようです。 Outlook Expressにある『送受信』処理は、送信するメールがないと『受信』処理しかしません
また、パソコンのメールは携帯電話のそれとは違い サービス業者を選べることや、アドレスを複数使用できるなどのメリットがある反面設定が少々面倒です。 そして設定がある以上、それに間違えがあればエラーが発生します。 結果、良くあるのが『受信できるのに送信できない。』です。
実はメールの送信と受信というのは同じ作業のようで、まったく異なる物だったりします。 だから、『受信できるのに送信できない。』というのは、 受信の設定は正しくできているけど、送信の設定は不備があるという単純な事なのです。
メール受信作業はメールボックスを開ける行為なので、 メールの届いている場所、『POPサーバー』と『ポート』(通常110)の設定に、 身分証明にあたる『アカウント』と 『パスワード』の設定が必要になります。
しかし、送信はただメールを送るだけなので、ポストに投函するだけです。 ポストのあるところ『SMTPサーバー』と『ポート』(通常25)が設定してあれば、 身分証明も何も必要ありません
・・・と考えると受信の設定の方が設定数が多いのに、なぜ送信に失敗するのだとおもいますが、 そこは今世間を騒がせているSPAMメールです。
誰でも送信機能が利用できてしまうと、契約者でもない人による悪用、第三者による不正中継を許してしまいます。 そこで送信にも規制を掛けるのです。 まず良くあるのが、差出人の『メールアドレス』が『同サービスから発行されるもの』でないと送信できないようにします。 さらに、プロバイダー系のメールサービスでは、接続環境がそのプロバイダーサービスでないと送信前に、 受信作業させることで、正規ユーザーであることを確認する『POP before SMTP』 (受信作業が出来ると言うことは『アカウント』と『パスワード』のある正規ユーザーであることになる) などによって制限がかけられています。
たかがメールされどメールも色々苦労があるようです。

<<前へ  |上へ|  次へ>>
1234567891011

パソコンのウイルス対策大丈夫ですか?どれかひとつは入れておきたい対策ソフト
マカフィー・ストア シマンテックストア ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09