HOMEへ   パソコンを使おう
TOPB B SCADHTMLMY−LOG
Click Here!

パソコンを使おう

パソコン雑記

パソコン雑記2

その他

<<前へ  |1234567891011|  次へ>>

「激安ガーデン通販」では、只今期間限定セール開催中! [PR]

● マイドキュメント

マイドキュメントはユーザー用のデータを格納するフォルダとして、 Windowsがあらかじめ用意してあるフォルダです。 WordやExcelなどを利用してファイルを保存しようとすると、 自動的にマイドキュメントが保存フォルダとして指定されます。
しかし、このマイドキュメントフォルダはとっても危険なんです。

パソコン(Windows)が使用する全てのデータはハードディスクに保存されています。
アプリケーションによって作成されたデータ(ドキュメントファイル)も、 多くの人がこのハードディスクに保存していることでしょう。 フロッピーディスクやCD−Rにこまめにバックアップ(データを退避)している人は案外少ないと思います。
当たり前のように稼働し、おかしな様子もないハードディスク、まさか次の瞬間動かなくなるなど誰も想像しないでしょう。 確かにハードディスクが壊れるということは滅多にないと思います(でも起きるときには起きる・・・)。 しかし、ハードディスクが壊れなければ安全というわけでもありません。 もしウイルスの感染などで、突然OS動かなくなったら、 電源を入れても起動しなくなったらどうなるのでしょう。
一般のユーザーの復帰方法は、付属している『リカバリーCD』を起動することでしょう。 (別途OSを購入していれば『Windowsの上書き』で復帰できることもあります。)
リカバリーCDはパソコンを復帰させるためのCDではなく、ハードディスクの内容を初期の状態に書換えるCDです。 つまり、Windowsが作業する『Cドライブ』(起動ドライブ)を一度 『フォーマット』(真っ新)にして、最初に入っているべきデータをコピーするのです。
結果・・・購入後パソコンに保存した全てのデータは失なわれます
なぜなら、普段何気なくデータを保存している『マイドキュメント』や 普段何気なく見ている『デスクトップ』は、 一見すると分らないかも知れませんが、共に『Cドライブ』に存在しているのですから。
何故こんなにも危険なところにデータを保存させるのか分かりませんが、 こういった危険を回避するためにも ドキュメントファイルは起動ドライブ以外の所に保存するべきだと思います。

例えば『Dドライブ』(Dドライブがハードディスクでは無いこともあります)などに、 マイドキュメントの位置を変えるべきでしょう。(自分はこれで幾度となく救われています。) ハードディスクドライブが『Cドライブ』だけの場合は『PartitionMagic』[(英語)http://www.powerquest.com/][(日本代理店)http://www.netjapan.co.jp/][(ダイレクト)http://www.netjapan.co.jp/P_powerquest/pm/](有料)等のツールで作ることも可能ですが、 やるなら『万が一』が生じても被害のない購入時にやるのが良いでしょう。
(ただし、Dドライブの容量を過剰に増やすと、後々アプリケーションのインストールが出来なくなったり、 リカバリーCDが使えなくなる可能性があるので気を付けてください。)
ミニタワー等でパソコンケース内に余裕があるなら、 ハードディスクを増設してしまうという方法がありますが、 手っ取り早く安全なのは、外付けのハードディスクを購入するといった方法でしょう。 ハードディスクは一つぐらい余分があっても損をする事はないでしょうから思い切りで購入しやすいと思います。
最近なら、IEEE1394やUSB2.0なんかが外付けで手軽ですが、 安全性を超重視というならSCSIをお薦めします(高価だけど)。

ところで、上の悲劇はある夫婦の間で起った事実だったりします。ある日突然パソコンがおかしくなり、 思い切った夫はリカバリーCDを実行、多くのデータを保存していた妻は・・・(涙。 異本的にこのような状況に陥った場合は、ハードディスクを新しく購入し、 そちらでリカバリーします。
そして正常なOS上に、『悲劇のハードディスク』をつなげば、ハードディスクに異常が無い場合、 データを救出できます。
使用していたOSが何であったのかは知りませんが、 『複数のユーザーに対応』と謳っているOSならこのような悲劇は起きなかったのでしょうか。
たとえ、ユーザーごとにデスクトップ設定等が可能だったり、 お互いのフォルダを見えない状態やアクセスできない状態にしてあっても、 システムが同じなのだから、想定外の状況(OSクラッシュ)に対しては運命共同体となるのではないでしょうか?
持論ですが、『パーソナル』コンピュータは『個人』で使用する物のです。 物理的に別々にした方がお互いのためだと思います
たとえば、ハードディスク二つを取り外し可能なラックスタイルにして、別々で保有しておくとか・・・ いえ、そんな事しないでパソコンを二台持つべきでしょう・・・。

<<前へ  |上へ|  次へ>>
1234567891011

探し物はなんですか?サービス検索、お店を検索、探し物を希望にあわせて検索。
カタログギフトのリンベル 内祝い 香典返しに

TOP] [HOME

更新日時:2014/08/09